BRAND


FITNESS wearing apparel bland

2005年Summerよりブランドスタート。

日本のアンダーグラウンドシーンを中心に、REGGAE MUSICをバックボーンに、それだけにとらわれないオリジナルのアイテムを展開中。

ISLANDを感じさせるアイテムやマニアックなグラフィックに定評があり、国内海外問わず、サウンドマンやアーティストからの支持も多い。

FAR EYE

FAR EYE CONCRETE CLOTHING は DANCEHALL REGGAE のカルチャーを独自の視点から表現することをテーマとしたウェアブランドです。

横浜に HEAD SHOP " FAR EYE REGGAE STORE" (1994年から2003年5月までレゲエバースタイルでの営業) を2003年7月にオープン。レゲエバー OPEN 当初より数々のレゲエアーティストと交流を深め、様々な形でアーティストをサポートし続けてきました。

2007年5月にテナントビル取り壊しの為、" FAR EYE REGGAE STORE" 閉店。同時にウェアブランドとしても製作をストップ。

2010年4月より3年振りにウェアブランドとして再始動。店舗としても11月に Barスタイル で横須賀に復活オープン。

Segment

NEW TOKYO THINGS

POSTERIZE

POSTERIZEとは、バスケットボールの解説者用語で、相手ディフェンダーの上からダンクシュートを決めた時に、ダンクを決められた方は、ポスターになってしまうという恥ずかしめを喰らうほど華麗なプレイだったという、賞賛の意味を込めた言葉。

CHELSEA MOVEMENTのMATIN-KINOOがSPORTSというスタンタードなアイコンにフォーカスをあて、新たな角度から"SPORTS"という概念を、アパレル界に向けて発信する注目のNEW BRAND。

LITTLE SPICE

2009年からスタートしたストリートアパレルブランド。

『日常、普段のファッションに少しの刺激を。』をテーマに独自の視点で様々なアイテムをリリースしている。

ブランド名でもあるSPICEからブランドのモチーフをCOOK(料理人)とし、ファッションを料理に例えたデザインを展開中。

わかりやすいPOPなデザインやパロディー物、スニーカーとの色遊びを意識したデザインが特徴のブランド。

ARTYZ

『芸術家気取り』という、あまり良くない意味が語源。 CLASSICなディティールをもちつつも、FRESHさやユニークさのある洋服を日々、研究。

TNGW (天狗ワークス)

東京を拠点に多様な分野でのデザイン、アート活動を展開中。

東京のアンダーグラウンドシーンに根を張り、数多くのアーティストやクリエーターとの繋がりを持ち活動の幅を広げている。

2008年にはオリジナルブランドを立ち上げ、和魂洋才をテーマにアート/カルチャー/ミュージック/スポーツ等をグラフィックで表現し発信し続けている。

現在は、都内や全国各都市のセレクトショップにまで展開を広げている。

WEEKEND WARRIOR

横浜を代表する次世代REGGAE SOUND、MARSHALL LAWのヤバイ音と共に全国各地に発信中!

良い意味で期待を裏切る洋服作りをしている、要注目ブランド。

グラフィティーアーティストや、海外アーティストとのコラボレーションアイテム等も定期的に展開。

Dummy-BOOTLEG-

音楽レーベル等をモチーフにしたデザインを展開する、DUMMY-BOOTLEG-

 

OTHER

海外のデットストック物や古着、一点ものを中心にセレクト。



BRANDS